【レザークラフト型紙】ゴールゼロ用レザーシェードの作り方と道具紹介

この記事にはアフィリエイト広告を利用しています。

【レザークラフト型紙】ゴールゼロ用レザーシェードの作り方と道具紹介

Goal Zero(ゴールゼロ)社「Lighthouse Micro」シリーズのLEDランタン。

Lighthouse Micro Flash専用レザーシェードのオリジナル型紙を作りました。

型紙をたくさんの人に試して頂きたいので無料公開しています。
PDFデータをダウンロードして印刷すれば利用できます。

作り方や使っている道具もご紹介しているのでご覧ください。

著作権について

※型紙をもとに作ったレザーシェードの販売は企業でなければ問題ありません。

その他詳細は僕のInstagram(@takashi_campdinner)までDMください。

無料PDFを公開中

【型紙ダウンロード方法】ゴールゼロ用のレザーシェード

ゴールゼロ(Lighthouse Micro Flash)用に作ったレザーシェードの型紙を公開します。

以下より無料でダウンロードできます。

≫【PDFダウンロード】レザーシェード

≫【PDFダウンロード】レザーシェード(目打ち有り)

印刷後はPDFデータ右下の寸法が1cm毎になっているか確認してください。

印刷した型紙は厚紙に貼って仕上げる

ゴールゼロ型紙

寸法に問題なければ厚紙にのりで貼ってから切り出してください。

円を切り出す場合にはNTサークルカッターIC-1500Pを使うと綺麗に行えます。

型紙はレザークラフト専用CADソフト「Leathercraft CAD」で作成

ゴールゼロ専用レザーシェードの型紙はレザークラフト専用のCADソフト「Leathercraft CAD」で作成しました。

作成者のLuthierTNさんのホームページで無料ダウンロードが可能です。

WindowsとMacにも対応しており、使いこなせばレザークラフトの幅が広がること間違いなしです。

タカシ
タカシ

無料で使える神ソフトです。

≫Leathercraft CADで作った無料型紙はこちら

レザークラフトでゴールゼロ用のシェードを作る道具と手順紹介

[道具と材料]

必要な材料と道具は以下の通りです。

実際に使用している道具や購入先をリンクにしているのでご参考までにどうぞ。

無料PDFを公開中

画像付きで手順を解説

型紙をご用意ください。

事前に型紙にハトメと記載している箇所と縫穴ガイドに丸切りで穴を開けましょう。

タカシ
タカシ

コバは磨かない仕上げにしていますが、お好みでどうぞ。

  1. コンパスカッターや革包丁で外側の円を革から切り出す
  2. 型紙の点線部分を革にけがく
  3. けがいた線の延長を革にけがく
  4. 型紙のハトメ部分と縫い穴ガイドに丸切りで革に印をつける
  5. 革の中心の円をコンパスカッターか革包丁でカットする
  6. けがいた部分をカットする
  7. ハトメ抜き8号で穴を開ける
  8. 縫穴ガイドの部分に菱切りで穴を開ける(2箇所は丸切りで穴を開ける)
  9. ジャンパーホックを取り付ける
  10. クロスステッチやベースボールステッチで縫い合わせる
  11. 平縫いをすれば完成

手順を画像付で解説します。

1.コンパスカッターや革包丁で外側の円を革から切り出す

2.型紙の点線部分を革にけがく

3.けがいた線の延長を革にけがく

4.ハトメ穴と縫い穴ガイドに丸切りで革に印をつける

5.革の中心の円をコンパスカッターか革包丁でカットする

円の切り出しは、コンパスカッター(NTサークルカッター)を使うと便利です。

6.けがいた部分をカットする

7.ハトメ抜き8号で穴を開ける

8.縫穴ガイドの部分に菱切りで穴を開ける(2箇所は丸切りで穴を開ける)

9.ジャンパーホックを取り付ける

刻印を入れたい人は、ジャンパーホックの取り付け前に行うと作業しやすいです。

10.クロスステッチやベースボールステッチで縫い合わせる

11.平縫いをすれば完成

革や糸・縫い方を変えるだけでもガラッと雰囲気が代わります。

是非いろんなアレンジをお試しください。

ご不明な点や型紙のリクエストがあれば下記のコメントやInstagramへDMください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA